ラズベリー PI と学習, 配信 VIII – Dev ボードにサイ ・ オンラインの製造

このシリーズの前回の記事で 我々 は温度を監視することを学んだ, また、私たちラズベリーパイを冷蔵の 3 つの形態を見たと.

今日に感謝 Juan Antonio バルベルデ, と マヌエルComponentesOnline 我々 を学ぶこと、 オンライン UPS 停電または電源障害の発生前に我々 のデバイスを保護するため.

任意のオペレーティング システム, ため利用可能です ラズベリー PI いつでも失敗に敏感します。, 入らないそれらにおそらく正しくなってしまいます破損し、 SD カード, または任意の電子部品の故障の原因と.

このほかに 定期的なバックアップします。, 無停電電源システムを持っていることをお勧め 材料に投資して、最後の日の仕事やお金を失うことを避けるために電源障害を防ぐこと.

サイ 従来デスクトップ開発ボードよりもはるかに多くを消費するために設計されて, なぜ彼らは高価になる傾向があると多くのユーザーは独自のものを作ることを選ぶと サイ ホーム.

http://www.qsl.net/

その一方で達している市場向けの具体的なソリューション ラズベリー PI, 顔と同様、現時点では入手しにくいですが、; のみ 1 つの使用を許可して ラズベリー.

P1020110_a資格のある専門家に相談することにしました, 共同開発していると、 サイ このタイプのプレート 半分以上の時間 3 〜 6 のラズベリー PI の間を保持する能力を持つ, 1 つのバッテリーを交換して拡張可能な制限を提供しています ミリアン ペア時.

20150321183802

5 v の出力 6 同時デバイス.

電子部品、 サイ によって設計されています。 Juan Antonio バルベルデ, コンポーネントを使用します。 マヌエルComponentesOnline 私たちを与えています。, さらに彼らの経験を提供することを与える同じの開発に関するセカンドオピニオン, 特定のリビジョンの最終的な設計にもきました Jordi Binefa.

サイ 電源とバッテリが必要のみ リポ 両方の出力電圧 12V, 電圧コンバーター 12V 宛先 5V, カップル ダイオード 整流器 BY255 3 A 1300V, 1 つ ブレッド ボード.

SAI 方式, Juan Antonio バルベルデが開発しました。.

まずポールを接続する、 肯定的です 電力の供給のトラックの 1 つに、 ブレッド ボード, チャネルによって目的の方向の緊張に、 ダイオード 電源に電力を送信する避けるためバッテリーのおかげで、.

オリンパス デジタル カメラ2 つ目を接続するようになりました ダイオード ソース電圧とバッテリーからの電圧を供給するインバーターへのチャネルに私たち ラズベリー, 非常に画像のように位置にダイオードを配置することが重要です。; その後、接続、 肯定的な棒 2 つの電池間 ダイオード, すべてと、 GND 私たちのシリーズの同じトラックに ブレッド ボード, 私は分野の 1 つの側面すでに、正確にこの目的のために設計されたもの.

オリンパス デジタル カメラ出力を接続し、 ダイオード 来て、 肯定的な棒 バッテリーを 肯定的です 電圧レギュレータ, と、 GND 2 つの前のシリーズで.

オリンパス デジタル カメラ我々 は最終的にバッテリーを充電する数分を停止しの正しい機能を確認、 サイ, 下のビデオのように電源から切断します。.

将来的に改善が分割払い、私たち サイ だから私は主電源の障害時のみ行動, すなわち, 変換する、 オフライン UPS.

私を従うことができますあなたのようなかどうか Twitter, Facebook, Google +, LinkedIn, この文書の下のボタンと共有したり, ご質問がある場合は提案がコメントすることを躊躇しないでください。.

多くの読者に到達するために役立つ Share on LinkedInShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

10 上の考え"ラズベリー PI と学習, 配信 VIII – Dev ボードにサイ ・ オンラインの製造

  1. こんにちはジョン,

    Dependerá de la distancia a la que coloques la entrada de tensión, con 12-24V te aseguras que en 100 metros la tensión que llegará de extremo a extremo sea mayor a 5V, para terminar regulándola a 5V en el punto final.

    Si colocas baterías de 7,5V funcionará perfectamente, pero podrás poner el SAI a menos metros de tu Raspberry PI; solo asegúrate de que el regulador de voltaje lo soporte, el del tutorial es compatible.

    あなたのコメント 🙂 のおかげで

  2. hola tengo una duda
    en el diagrama se indica bateria tipo LiPo mi duda es si hay alguna razon especifica para usar este tipo de bateria y si se puede usar una bateria de celular

  3. Hola Yikoruoru,

    La batería escogida es de polímero de litio (リポ) porque son las usadas normalmente para robótica, y/o placas de desarrollo como Raspberry PI.

    Con una batería de teléfono móvil podrías hacer una prueba de concepto, aún que no sería la batería mas indicada y duraría bastante poco el SAI.

    • Hola p1n0, あなたのコメントのおかげで.

      El SAI offline lo tenemos pendiente con el electrónico, en estos momentos está de exámenes pero en cuanto tenga tiempo haremos el segundo tutorial.

  4. he estado pensando y me gustaria saber que tiene este sistema de difente a: comprar una bateria xiaomi de 5000mah de estas para los moviles. conectamos la raspberry a la bateria y a su vez la bateria siempre enchufada. bateria de li-po con salida de 5v. creo que es mucho mas sencillo que todo esto pero quiero saber si tiene alguna contra al respecto.

    • Hola p1n0, muchas gracias por plantear tus dudas.

      Las desventajas son muchas, puesto que con el uso terminaría por romperse muy rápido ya que la batería no está preparada para aguantar ese tipo de usos intensivos; eso si consigues encender la PI con una batería de móvil de 5V ya que las baterías suelen dar menos corriente de la que marca en la etiqueta.

      Además este SAI puedes colocarlo a 100 metros de la Raspberry sin ningún problema ya que al llegar al extremo del cable aunque se pierda voltaje, este siempre supera los 5V en destino.

  5. 良い, veo que a pasado el tiempo y no habéis podido sacar el tutorial del SAI offline. Sabéis donde puedo encontrar uno, estaría bastante interesado. ありがとう. Buen trabajo.

    • こんにちは Antonio, あなたのコメントのおかげで.

      Juan Antonio, el chico que se iba a encargar del desarrollo de la parte electrónica desapareció de repente por lo que todavía no he retomado este proyecto.

      Si alguien se ofrece a desarrollar dicha parte, yo podría encargarme del software; si os animáis a ello podéis contactarme mediante el formulario del blog.

      Gracias a ti por interesarte por este proyecto.

メッセージを残してください