ラズベリー PI と GPIO ピン: シリアル ポートから他のデバイスを制御します。

このシリーズの以前の記事で, 我々 は見た お使いの PC にシリアル ポートからラズベリー PI を制御する方法; ポートのおかげで UART アダプター TTL 宛先 RS232.

今日私たちは役割を逆転させる方法を参照してください。, と PI のシリアル ・ ポートから 2 つのデバイスを制御します。, 、 ルーター と、 スイッチ; 設定デフォルトのシリアル ポートのいくつかの変更を行う必要があります何のため.

2 番目の例, 接続する場所 ラズベリー PI に、 HP Procurve スイッチ 2610-24; コンバーター プレートが必要になります TTL 宛先 RS232, 既に使用 以前に配信; と WRTNode 接続は、ポート間で直接になります UART.

TTL コンバーター Rs232
最初のケースで我々 に接続します WRTNode, それは単に接続する必要があります。 ラズベリー PI WRTNode そのポート経由 UART 信号を投資; 以下の表と, 次の方式はそれをよりよく理解できると.
ラズベリー PI モデル, B, A +, B + WRTNode
GPIO 14 (UART TXD)
GPIO 62 (RXD2)
GPIO 15 (RXD UART) GPIO 75 (TXD2)

ラズベリー PI 配線図 – WRTNode.

コンバーター プレート間の接続 TTL 宛先 RS232ラズベリー 同じようになります 過去の配信, 接続に関する説明をつけたが、; 行い、練習の監視が容易に.

ラズベリー PI モデル, B, A +, B + プレート TTL コンバーター RS232 へ
VCC
+ 5V
テキサス州
GPIO 14 (UART TXD)
RX
GPIO 15 (RXD UART)
GND GND
PB150047Conexiones

ラズベリー PI 配線図 – RS232 アダプター.

いくつかのコンバーター モジュール TTL 宛先 RS232 ない彼らする必要がありますフィード外部状況でもポートから力を受けるので シリーズ, 我々 は燃やすことができる、 ラズベリー PI 過給する; 我々 の場合ではチップに基づく変換器を使用します。 SP3232EEN, その場合我々 はフィードから ラズベリー ピンを VCC コンバーター プレート.

ピンアウト、SP3232E 配線図のデータシートから抽出, SP3232EEN と同じ.

ピン配置と SP3232E のデータシートから抽出した配線図, SP3232EEN と同じ.

のみに接続する必要がある今、 HP Procurve スイッチ 2610-24 シリアル ポートに, ケーブルで RJ45 – RS232 古いルータから救出 シスコ; 両方のコネクタとして DB9 彼らが女性, 我々 はケーブルが必要 RS232 男性男性, 2 つのデバイスをバイパスまたは, またクロッシング テキサス州RX.

一度すべてが正しく接続されて, ファイルを開く、 /etc/inittabラズベリー 最後の行について説明します; UART ポートを介してログインを無効にするには.

#/ラズベリーパイ シリアル回線に getty を元 #Spawn のなどを inittab
T0:23:復活:/sbin/ゲッティ - L ttyAMA0 115200 VT100

我々 はすでにコメント ファイルの最後の行を見ることができます。, これはどのようにそれがする必要があります。.

#/etc/inittab ラズベリーパイ シリアル回線に getty を #Spawn に変更
#T0:23:復活:/sbin/ゲッティ - L ttyAMA0 115200 VT100

我々 はまた、ファイルを編集する必要があります。 /boot/cmdline.txt, 参照を排除することによって /dev/ttyAMA0; ポート情報を介して起動を表示されないように UART.

#/ブート/オリジナル持つ cmdline.txt dwc_otg です lpm_enable = 0。 コンソール ttyAMA0、115200 kgdboc を = = ttyAMA0、115200 コンソール ルート tty1 を = =/dev/mmcblk0p2 rootfstype ext4 エレベーターを = = 期限 rootwait

ファイルをする必要がありますので ブート情報の送信先のポートを参照する文字列を削除した後.

#/boot/cmdline.txt 変更
dwc_otg lpm_enable = 0 コンソール tty1 ルートを = =/dev/mmcblk0p2 rootfstype ext4 エレベーターを = = 期限 rootwait

その後、, あなたが既にされていないした場合 前のチュートリアル; インストール ckermit, シリアル ポートを制御するためのソフトウェア; そして最後に我々 は以前の構成の変更を適用を再起動.

pi@raspberry:~$ sudo apt-get install ckermit
pi@raspberry:~$ sudo reboot

最初に行う必要があることは動作するデバイスを教えてくれます、; 既定ではラズベリーの IP, ES /dev/ttyAMA0 オプション -l 接続することを示すつもりです。.

pi@raspberry:~$ sudo kermit -l /dev/ttyAMA0

一度開いた ckermit, 各接続のパラメーターを確立するだけです。; 最初のテストを行います WRTNode.

(/home/pi) C-Kermit> set speed 115200
(/home/pi) C-Kermit> set parity none
(/home/pi) C-Kermit> set flow-control none
(/home/pi) C-Kermit> set carrier-watch off
(/home/pi) C-Kermit> connect
 
Connecting to /dev/ttyAMA0, speed 115200
 Escape character: Ctrl-\ (ASCII 28, FS): enabled
Type the escape character followed by C to get back,
or followed by ? to see other options.
----------------------------------------------------

今入力してくださいキーを押します, y 屋 estamos アン ウナ ターミナル デ連邦デ OpenWRT; エル ・ ファームウェア ・ デ ・ WRTNode.

BusyBox v1.22.1 (2014-08-13 19:31:12 UTC) 組み込みのシェル (灰)
組み込みコマンドのリストについては ' help' を入力してください。.

  _______                     ________        __
 |       |.-----.-----.-----.|  |  |  |.----.|  |_
 |   -   ||  _  |  -__|     ||  |  |  ||   _||   _|
 |_______||   __|_____|__|__||________||__|  |____|
          |__| W 私は R E L E S S F R E E D O M
 -----------------------------------------------------
 障壁のブレーカー (出血の端, r41508)
 -----------------------------------------------------
  * 1/2 oz ガリアーノにすべての材料を入れてください。
  * 4 オンス冷たいコーヒー、アイリッシュ コーヒーのマグカップいっぱい
  * 1 1/2 砕いた氷とオンス暗いラム酒. かき混ぜる.
  * 2 小さじ. クレーム ・ ド ・ カカオ
 -----------------------------------------------------
root@OpenWrt:/#

我々 と同じこと、 HP ProCurve スイッチ, 典型的なのよう シスコ; その構成で同じ e.

pi@raspberry:~$ sudo kermit -l /dev/ttyAMA0

前に、と今, 私たちはともに同じになります接続のパラメーターを設定します。; 最後にクリックしてください。 入力してください。, 我々 はすでにすることができますログイン.

(/home/pi) C-Kermit> set speed 115200
(/home/pi) C-Kermit> set parity none
(/home/pi) C-Kermit> set flow-control none
(/home/pi) C-Kermit> set carrier-watch off
(/home/pi) C-Kermit> connect
 
Connecting to /dev/ttyAMA0, speed 115200
 Escape character: Ctrl-\ (ASCII 28, FS): enabled
Type the escape character followed by C to get back,
or followed by ? to see other options.
----------------------------------------------------
Connected at 115200 baud
ProCurve J9085A Switch 2610-24
Software revision R.11.07

Copyright (C) 1991-2008 Hewlett-Packard Co. All Rights Reserved.
 RESTRICTED RIGHTS LEGEND
Use, duplication, or disclosure by the Government is subject to restrictions as set forth in subdivision (b) (3) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer Software clause at 52.227-7013.

 HEWLETT-PACKARD COMPANY, 3000 Hanover St., Palo Alto, CA 94303

We'd like to keep you up to date about:
 * Software feature updates
 * New product announcements
 * Special events

Please register your products now at: www.ProCurve.com
Press any key to continue
Username: admin
Password: *****

私を従うことができますあなたのようなかどうか Twitter, Facebook, Google +, LinkedIn, この文書の下のボタンと共有したり, ご質問がある場合は提案がコメントすることを躊躇しないでください。.

多くの読者に到達するために役立つ Share on LinkedInShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

メッセージを残してください