Ubuntu 14.10 – 別のコンピューターでインターネットを共有

今日我々 を参照してください。 Ubuntu でインターネットを共有します。 ネットワーク上の他のエンド デバイスと, 使用例として、 ラズベリー PI; ポートを使用して、ローカル ネットワークへのゲートウェイとして イーサネット 私私のラップトップ, 経由でネットワークに接続されています。 WiFi.

クロス最後に、これら 2 つのデバイス間の内部ネットワークをつくります 行う NAT 同じ IP ラップトップを持つローカル ネットワークに.

フォーラムのユーザー ラズベリー PI 呼び出し シャンティ どういうことか私はインターネットについて話すとき使用して別のコンピューターと共有彼を説明できるかどうか、彼は私に尋ねた Ubuntu システムとして, と それはほとんどのユーザーにとって役に立つかもしれないと思う.

Captura デ pantalla デ 2014-12-05 15:14:37

唯一必要になります、 クロス オーバー ケーブル 2 つのデバイスを接続するには, 各端に 1 つ; このタイプのケーブルは同じ型の 2 つのデバイスを接続するために使用します。; この場合、2 台のコンピューター.

Cable_Cruzado

ストアでのクロス オーバー ケーブル購入.

クロス オーバー ケーブル自分自身のルールを組み合わせることで製作いたします EIA/TIA 568 A, と EIA/TIA 568 B; ケーブルの各端に 1 つ.

diagramacablw

基準 T568A 図, T568B とクロス ケーブル.

これを行うに、我々 はのみ 1 つを必要 grimpadora, 一枚 ツイストペア ケーブル, 2 つの頭 RJ45, 少しの忍耐; それぞれの選挙はカップルを追加します。 プロテクター 頭に, しかし、それはお勧めします、非常に経済的.

自家製のクロス ケーブル.

自家製のクロス ケーブル.

我々 が行う必要がある唯一の事は使用して現在の接続を構成し、 ネットワーク マネージャー, メソッドを変更して 自動 (DHCP) 宛先 他の機器と共有.

IPv4 の設定-> 他の機器と共有.

IPv4 の設定-> 他の機器と共有.

私達はちょうど接続, 我々 はより良い、それを理解、 次のネットワーク図.

接続

今のところ ラズベリー PI 既にインターネットに接続しています。, 私たちが必要と、 IP ため による接続します。 SSH; 場合、PI のキーボードと画面を持っていません。, ことができます。 検索でネットワークをスキャン、 IP Nmap.

#Instalamos NMAP
usuario@maquina:~$ sudo apt-get install nmap

#Hacemos un sondeo ping de la red
usuario@maquina:~$ nmap -sP 10.42.0.0/24

Starting Nmap 6.40 ( http://nmap.org ) at 2014-12-11 14:38 CET
Nmap scan report for 10.42.0.1
Host is up (0.00018s latency).
Nmap scan report for 10.42.0.79
Host is up (0.00051s latency).
Nmap done: 256 IP addresses (2 hosts up) scanned in 3.22 seconds

我々 はすでにを介して接続できると SSH 作業を開始, 私たちは心に留めておかなければなりませんが、IP 10.42.0.1 私たちのラップトップまたは PC に対応します。; する他、 ラズベリー.

#Y finalmente nos conectamos
usuario@maquina:~$ ssh pi@10.42.0.79
The authenticity of host '10.42.0.79 (10.42.0.79)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is 5d:e7:6c:3d:af:49:b3:ea:d7:d9:bb:ce:d9:56:81:5c.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '10.42.0.79' (ECDSA) to the list of known hosts.
pi@10.42.0.79's password: 
Linux raspberrypi 3.12.28+ #709 PREEMPT Mon Sep 8 15:28:00 BST 2014 armv6l

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.

Last login: Tue Nov 11 04:18:28 2014 from 192.168.1.34

私を従うことができますあなたのようなかどうか Twitter, Facebook, Google +, LinkedIn, この文書の下のボタンと共有したり, ご質問がある場合は提案がコメントすることを躊躇しないでください。.

多くの読者に到達するために役立つ Share on LinkedInShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

メッセージを残してください