WRTNode - Led を制御する GPIO ポート経由でルータを作る

以前の記事 について WRTNode 他のものの間で我々 が学んだこと, 4 つのポートを追加する方法 LAN ポート ワン この小 ルーター指向開発 関連のプロジェクトで、 モ ノのインターネット と、 ロボット.

今日我々 はについての基本を学びます ポート GPIO このデバイス フラッシュを作る、 二色 led, または 2 つの失敗 Led 異なる色として “ハローワールド” ことを この開発プラットフォーム.

まず我々 が行う必要があります接続することです、 二色 led, または、 Led ピンで 2 つの異なる色 GPIO0GPIO2 ちょうどように 次の表 リア 接続の方式; 注意すべきこと 抵抗器を使用する必要はありません。 低電圧で動作するため WRTNode.

WRTNode ダイオード LED
GPIO0 (GPIO ボード 57)
緑の陽極
GPIO2 (GPIO ボード 58)
赤色アノード
GND (GPIO ボード 55)
コモン ・ カソード

2 つを使用する場合 Led 二色の代わりに, 間のブリッジを接続する必要があります、 カソード 両方の; 反対に, 、 二色 led 彼らはその 2 つで共有があります。 アノード この実習に必要なケーブル配線を減らす.

2 色の led と WRTNode 図の間の接続

すでに私たちが与えることができる今、 WRTNode, 接続し、 管理コンソールOpenWRT 手段によって、 シリアル ポート 我々 が学んだこと この前の記事, エクスポートするのには、 GPIO2, 出力として構成します。, 正の値を割り当てると “1“; 最後に、我々 は reasignaremos 低値 “0” led をオフにするには.

#Encendemos el led rojo
root@OpenWrt:~# echo 2 > /sys/class/gpio/export
root@OpenWrt:~# echo out > /sys/class/gpio/gpio2/direction
root@OpenWrt:~# echo 1 > /sys/class/gpio/gpio2/value

#Apagamos el led rojo
root@OpenWrt:~# echo 0 > /sys/class/gpio/gpio2/value

この時点で、前の手順を繰り返します, 今回は、GPIO0 と 2 番目のダイオードをテストするのには、 二色 led すべての回路をチェック.

#Encendemos el led verde
root@OpenWrt:~# echo 0 > /sys/class/gpio/export
root@OpenWrt:~# echo out > /sys/class/gpio/gpio0/direction
root@OpenWrt:~# echo 1 > /sys/class/gpio/gpio0/value

#Apagamos el led verde
root@OpenWrt:~# echo 0 > /sys/class/gpio/gpio0/value

その正しい操作を確認した後, 我々 は plasmaremos、 上記のコードの 2 つの手順 スクリプトで, 我々 が使用されますので、 デフォルトのテキスト エディター この場合それは VI, と 次のコードをこだわる 呼ばれるファイルの blinkleds; 注意すべきことに既定シェル OpenWRT ES ““, 非常に似て “bash” ある特定の制限.

#!/bin/ash
#blinkleds

#Exportamos los GPIO
echo 0 > /sys/class/gpio/export
echo 2 > /sys/class/gpio/export

#Los definimos como salidas
echo out > /sys/class/gpio/gpio0/direction
echo out > /sys/class/gpio/gpio2/direction

#Los hacemos parpadear
while true; do
  echo 1 > /sys/class/gpio/gpio0/value
  sleep 1
  echo 0 > /sys/class/gpio/gpio0/value
  sleep 1
  echo 1 > /sys/class/gpio/gpio2/value
  sleep 1
  echo 0 > /sys/class/gpio/gpio2/value
  sleep 1
done

場合にのみ与える必要があります。 実行アクセス許可 に、 スクリプト 最後にそれを実行するには, 今、 led 我々 は、キーの組み合わせを押すことによってプログラムを中断するまで、それは色を変化を点滅します。 “Ctrl キーを押しながら c“.

root@OpenWrt:~# chmod +x leds 
root@OpenWrt:~# ./leds

これで ビデオ 管継手の作動を見ることができます。; ような場合を忘れないでください。 フォローします。 YouTube いずれかをお見逃しなくする、 未公開動画 私は公開するつもり, 私が書く記事に関係なく.

次のチュートリアル それぞれに割り当てることができる小さなプログラムの開発方法を学習します led サービスに, と 視覚的に警告を生成します。 定義するイベントに関連付けられています。.

私を従うことができますあなたのようなかどうか Twitter, Facebook, Google +, LinkedIn, この文書の下のボタンと共有したり, ご質問がある場合は提案がコメントすることを躊躇しないでください。.

多くの読者に到達するために役立つ Share on LinkedInShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

メッセージを残してください